top of page
何かを見つめる子ども

お知らせ

  • 善導寺こどもクリニック

フルーツジュース

Healthy Habits 29_食事5


今回は、フルーツジュースに関するアメリカ小児科学会の推奨(※)を取り上げます。リンゴジュースやオレンジジュースは小さいお子さんにとって人気の飲み物です。何事も飲みすぎ食べすぎには注意が必要です。

 
フルーツジュースの成分

果汁の主な成分は水。次に多く含まれる栄養素は、スクロース、フルクトース、グルコース、ソルビトール。少量のタンパク質とミネラル(カリウム、ビタミンA、ビタミンC)が含まれているが、脂肪やコレステロールは含まれておらず、果肉が含まれていない限り食物繊維は含まれていない。

薬理学的なお話

薬物代謝に関係する成分が含まれていることがある。

有名なものは、グレープフルーツジュースと薬物代謝酵素であるintestinal cytochrome P450 3A4(CYP3A4)の阻害、有機酸トランスポーターorganic acid transporter (OATP)の阻害。(小児領域で懸念される薬剤はフェキソフェナジン)

ジュースからの炭水化物の吸収

糖類の吸収過程のメカニズム(詳細は省略)によって、ジュースに含まれる炭水化物の吸収不良が生じる。特に過剰に摂取した場合、慢性的な下痢、鼓腸、腹部膨満感、腹痛を引き起こす可能性がある。ジュースを大量に摂取した場合に起こりうる炭水化物の吸収不良は、特に乳幼児の便秘治療にジュースを勧める根拠となっている。

北米の便秘ガイドラインでは、洋ナシやリンゴジュースなど、いくつかのジュースに含まれるソルビトールなどの炭水化物を利用して、便秘の乳児の便の回数と水分量を増やすことを提案している。

アメリカのガイドラインにおける戦略

乳児

6 か月未満の乳児に果汁を与える栄養学的適応はない。固形食を食事に取り入れる前に果汁を与えると、食事中の母乳やミルクが果汁に置き換わるリスクがあり、その結果、タンパク質、脂肪、ビタミン、鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラルの摂取量が減少する可能性がある。


幼児および年少児(1~6歳)

乳児の方針と基本的に同じ。果汁や果汁飲料は味が良いため、幼児や小さな子供は簡単に過剰摂取してしまう。ジュースは栄養価が高いと考えられているため、通常、親は摂取量に制限を設けない。


年長児および青少年(7~18歳)

ジュースの摂取量は1日約240ml (推奨される 1 日の果物摂取量の半分) に制限する必要がある。繊維質の摂取と、同じカロリーを消費するのにかかる時間を長くするために、果物を丸ごと摂取するよう奨励することが重要。

結論

・フルーツジュースは、1 歳未満の乳児には栄養上の利点はない

・フルーツジュースは、乳児や子供にとって丸ごとの果物に比べて栄養面での利点はなく、子供の健康的でバランスの取れた食事に不可欠な役割を担っていない

・100% 新鮮な果汁または還元果汁は、バランスのとれた食事の一部として摂取する場合、1 歳以上の子供の健康的な食事の一部となる。ただし、フルーツドリンクは栄養的にフルーツジュースと同等ではない。

・フルーツジュースは脱水症の治療や下痢の管理には適していない

・フルーツジュースの過剰摂取は栄養失調(栄養過剰および栄養不足)につながる可能性がある

・フルーツジュースの過剰摂取は、下痢、腹部膨張、虫歯などの症状を引き起こす


【推奨事項】

✓生後 12 か月未満の乳児の食事にフルーツジュースを取り入れるべきではない

フルーツジュースの摂取量は以下に制限する

✓1歳~3歳は1日 約120ml

✓4歳~6歳は1日 約120~約180ml

✓7歳~18歳は1日 約240ml

(※) Heyman MB, Abrams SA; Section on Gastroenterology, Hepatology, and Nutrition; Committee on Nutrition. Fruit juice in infants, children, and adolescents: current recommendations. Pediatrics. 2017;139(6):e20170967




Comments


bottom of page